カテゴリー
Works Log

センターネック

センターネック

 

SUSのアンサー型パターの鍵型ネックを切断して、オーバーホーゼルのセンターネック仕様へリメイクします。

 

 

 

 

 

 ネック切断

 

 ネックを切断し、元の面、角のラインを整える。

 

 

 

 

 

オーバーホーゼルネック

 

オーバーホーゼルのピンを作るのですが、最初の仮止めや共付で溶けてなくなる部分を、溶けて無くなってもまだマイナスにはならないように、余分に溶かしシロのように余分な寸法を残しておきます。

 そして下部に指定のライ、ロフトに合わせた角度を付けると、この時点でピンに左右が出来ます。

 

 

TIG仮止め

 

 ボディー側の取り付け位置を出し、ブレード上部のアールの部分を溶接できるように平らにする。 見本のモノと同数値に正しく収まるように、双方の取り付け位置に罫書き針でしるしを入れます。

地味な作業ですが、適当にすると後で大変な目に遭います。 反対に、ここまでの工程をキッチリやっていれば、後がやり易いです。

 

共付

 

大袈裟な話しではなく、弁償できない一点モノを作業している自覚を持って、面倒くさがらないで何度も途中確認です。

焼いて縮む、叩いて伸びる、の板金作業の「叩く」を絶対しないで、一発勝負で角度を完璧に出して、付けようとしていますので。

 まず、角度を決めてしまうために周囲を仮止めします。 FPの関係上、出過ぎていて仮止めしにくいので、フェース側の角は少し削り落とします。

 

溶接で止めていく時に溶けて引っ張られるので、角度が動かないように、場所を考えて止め数を増やしていきます。

棒付け

 

溶接で仮止めが済めばもう動かないので、少し電気を落として、共付けできるところはしてしまいます。

 その上からSUS溶接棒を使い、とりあえずぐるっと溶かしてのせていきます。

巻くように適量のせた後、ゆるい電気で双方の本体に、ペチャっと溶かすようになぜていきます。

 

 

荒削り

 

もう強度は出てますので、のった溶接跡をとるように削って仕上げます。

鉄なら曲がって見えるように、立体的に削って作るのは得意な方ですが、SUSは硬く粘るので、そう簡単には頭で描くラインは出てくれないです。

 

 

 

センターネック仕様

 

仕上げは光を押さえたいので、ホワイトビーズのメッキで仕上げました。

 

今回のやり方は、手間はかかりますが、同じ仕上がりになり易いやり方だと思います。

 

Exelon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です