カテゴリー
Works Log

フォーティーンUT-306

フォーティーンのユーティリティーUT-306です。

オフセットが付けられていますので、ネック周りの処理の仕方を含めた見た目の好き嫌いははっきり分かれてしまいます。
私個人の主観ですが、とてもバランスのとれた形状で、俗に言う良い顔をしたクラブだと思います。

 

 

 

 他のメーカーからも似たものは出てますが、ホーゼル、ネック周りからフェースに対しての後部丸み(洋梨型とか丸型と言われる部分です)のボリュームの付け方と言うかバランスが絶妙に感じます。

フェースの向きも面の見え方も、ポンと置いたらいい感じになってるような気がします。
構えて安心感があるとか、バックスイングが上げやすいとか、視覚からくる大切なところだと思います。

 

アイアンが得意でロフトの大きなフェアウエイウッドが苦手な方や、ユーティリティーの言葉の意味通り、ライも含めた少しトラブル気味な状況でも、使い易い万能さを求められる方にお勧めしています。

 

21°で40インチ、24°で39.5インチの長さもユーティリティーの用途として扱い易く、必要以上に飛びすぎるような長さでもないですので、きっちりとOOヤード打つクラブと言うようなロングアイアン的な位置づけで、セッティングに組み込み易いクラブだと思います。

 

 

 

ハードヒッターの方には、2週間ぐらいかかりますが、別注対応のツアーADのUT-85シャフト装着モデルをお勧めしています。

 

 

 

 

 

参考データ(カタログ値ではなく現物計測)
UT-306 21° ツアーAD UT-85 フレックスS
40.25インチ バランス D1.5(イオミックグリップ48.0g)
総重量368.0g 振動数290cpm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です